読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうすぐ40 不眠症の底辺生活

38歳、無職からの何とか看護師になりました。精神的に弱いため底辺の生活を送っています。

一日

親知らずは1時間程度で済んだ。

しばらくは麻酔が効いてるから痛みはないが、早めに痛み止めを服用した方が良いらしい。

 

一日の休みが病院で潰れるのは嫌な気分なので、その後はスクーターを走らせ海が見えるところで、

ぼーっとする。

 

ぼーっとしたらまた走り出す。

このスクーターも4年目で36000キロ以上走ってる。

バイクと言えないスクーターだけど、二輪車は車と違って何か落ち着く。

スクーターなのでゆっくり走り、止まりたければ何処でも止まれる。燃費も良くてお金も掛からない。

通勤で往復40キロ程走るので大助かり。

 

家について薬を一錠ずつにカットしピルケースに入れる作業を終わらせる。

こういった単純で出来ることの積み重ねが気分を少しづつ落ち着かせる。

薬が切れてきて痛み出したのでロキソニンを飲み、眠るために逆算し、レスリンも服用。

 

あとは一時間後に夕食を終えて、シャワーを浴びて布団に入る。

入浴したいがアトピーに響くので入浴できず、入浴してリラックスしたい。

あと家も片付けたい。もう何ヶ月と片付けずその日その日でやっている。

記憶力も低下しているのでリマインダーに何事も直ぐに記録。アラームですることを思い出す日々。

 

早く健康な頃に戻らないかな。