読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

もうすぐ40 不眠症の底辺生活

38歳、無職からの何とか看護師になりました。精神的に弱いため底辺の生活を送っています。

手技

仕事が終わって帰宅中。

仕事の最後になって急に患者の熱発、Dr.からの絶食、点滴指示。

 

バタバタ用意をして、24Gでルート確保し点滴つなぐ。

 

精神科のためか、サーフローは逆血防止弁無しで、ここに来て2回しか使ったことないもの、延長は一般と変わらず、三括あるが三括の蓋が無いため抜き差しになる。ルートを確保しておくという概念がないのかな?

こんな時代遅れの道具でも何とかなった。

 

ここに来て2カ月が経つがまだ2回目の点滴だったので不安があったが何とかなって良かった。

でもこのサーフロー使いにくい。留置したら片手で血管押さえて、駆血帯を外して、ルートをつなぐ。

さらに固定する透明のテープも大きすぎて裏のを剥がしにくいし。面倒くさいし、気をつけないとルートに引っ張られてサーフローが抜けそう。

嫌に気を遣うルート確保。

 

まぁ成功したから良いけど。

もし失敗でもしようものなら、落ち込んでいたに違いない。

 

段々と精神科に慣れてきて鈍ってきてると感じているから、こうやって手技を一つずつ積み重ねていくことで、衰えの防止につながると思ってやってる。